収益物件の購入は慎重に|実質利回りを考えて費用を算出しよう

利回り知る

電卓と住宅

収益物件には、利回りという数値が付いて回ります。物件にはさまざまな種類がありますが、それぞれに利回りがあり、高い利回りに目が行くものです。しかし表面利回りだけでなく、実質利回りにしっかりと目を向けることが大切です。

詳細

高まる不動産投資への関心

紙幣

収益物件に対する注目は高くなっています。賃貸マンションなどを経営する時は、コストの把握て安定的な収益が大切になります。不動産ビジネスは様々なアイデアで安定化させることもできます。良い物件をヒントにすることも大切なこととなります。

詳細

不動産業者の選び方

アパート

収益物件の購入には、何より不動産会社の力が欠かせません。投資の素人が物件を購入する際、やはり専門家のサポートは不可欠だからです。より事業規模の大きい不動産業者は、クライアントからの信頼も厚いと推察されるので、良い不動産会社だと考えることができます。

詳細

実質利回りが重要

一軒家

実質利回りとは

収益物件を購入する際、その目安となる数値が利回りです。利回りとは、その物件から見込める利益のことで、家賃収入などの収益から購入費用などの経費を差し引いた金額のことを言います。しかし利回りについては少し注意しなければならないことがあります。というのも、よく販売図面に掲載されている利回りは、表面利回りと呼ばれる数値なのですが、表面利回りには購入費用だけしか経費として計算されておらず、税金や管理費などの諸経費が計算に入れられていないのです。そのため、実際に運営をしてみると、表面利回りの数値よりも利益が低かったということがよくあるのです。そこで、収益物件を購入するときは、表面利回りよりも実質利回りを参考にした方が安心できます。実質利回りとは、そうした諸経費を費用として計算に入れた場合の実質的な利益率のことなので、より実際の数値に近い利回りのことなのです。

実質利回りの諸経費

収益物件の実質利回りを目安にすることで、より実際の数値に近い利益率がわかります。どのように計算すれば実質利回りがはじき出せるのでしょうか。まず、諸経費をしっかり計算に入れる必要があります。収益物件の諸経費とは、建物を所有することで生じるさまざまな雑費のことを言います。たとえば、修繕積立金や物件管理費などといった運営にまつわる経費、それから固定資産税や都市計画税などの税金、さらには火災保険などの保険料、そして税理士や弁護士などに支払う報酬です。収益物件を実際に購入する前に、こうした諸経費をしっかり計算に入れた実質利回りの数値を算出しておくことが大切です。そうすることで、実質的な損失をなくすことができるようになります。